Please enter your text to search.


 
 
テクニカルとファンダメンタル

Filed under 値動きの分析   |   Posted 2月 19, 2010   | 

ここでは売買チャンスを見つける上で重要な相場の分析方法を取り上げます。

一つはテクニカル分析、もう一つはファンダメンタル分析と言います。それでは一つずつ説明していきます。

まずテクニカル分析とは、過去の相場の値動きから、これからの値動きを予測する分析方法で、過去の値動きをグラフに表した「チャート」を用います。そしていろんな角度からの過去の値動きの数値を分析してそのチャートに表示して、それから判断していきます。

ファンダメンタル分析とは、為替に関する基礎的な情報を基に相場を分析する方法で、経済指標や金利、その他通貨や各国に関するさまざまな要因が分析材料となります。

一般的に「個人投資家」はファンダメンタル分析には無理があります。なぜなら、一般に出回っている情報ではリアルタイムではなく遅すぎるからです。よってテクニカル分析が主流となります。ただ各国の重要な経済指標発表を狙ったトレードは可能です。これは事前にどんな指標の発表が何時あるかもカレンダーのように発表させていますし、また前回の数値と今回の予測数値なども同時に発表されています。そして結果その数値が高かったり低かったりした時に大きく相場が動きます。また各国の要人の発言も相場が動く要因です。当然、殆ど相場が影響を受けない時もあります。


 

Comments are closed.