Please enter your text to search.


 
 
主なテクニカル分析

Filed under 値動きの分析   |   Posted 2月 19, 2010   | 

ここでは、主なテクニカル分析をご紹介します。

「移動平均線」英語ではMoving Average(MA)と表記され、設定した期間におけるレートの平均値を結んだ線の事を表します。最もメジャーなテクニカル分析です。種類としては、単純移動平均(SMA)、加重移動平均(WMA)、指数平滑移動平均(EMA)があります。最も一般的に使われているのがSMA単純移動平均線です。

「MACD]移動平均収束拡散法と呼ばれていて、移動平均線を応用したテクニカル分析です。MACDでは指数平滑移動平均(EMA)の短期と長期の2本のEMAとそれらの平均値をグラフ化して分析するものです。移動平均線と同様に最もポピュラーなテクニカルです。

「RSI」相対指数ともいいます。過去の一定期間における前日比の上昇幅の合計を用いてパーセンテージで表したものです。買われすぎ・売られすぎが数値で表されます。

「ボリンジャーバンド」確率・統計学・標準偏差を用いた分析です。表示した線内にレートが存在する確率を基に売買します。ボリンジャーバンドを使用している市場参加者は多く、順張り・逆張りの両方に使用することが可能です。

「ストキャスティクス」相場の買われすぎや売られすぎを表し、%Kと%Dという2つの線の相関関係を基にして、設定期間内の最高値と最安値の間において、現在のレートがどのレベルにあるのを表す手法です。「RSI]は終値のみ使用しますが、ストキャスティクスは高値・安値・終値の3種類を使います。

「一目均衡表」買いと売りの相場のバランスが崩れた方向に相場は動き、あるべき状態に落ち着くという考えに基づいています。「レートの動き」よりも「時間」を重要視しつつ、5本の線とロウソク足の関係によって分析を行います。

他にも多数のテクニカル分析は存在しますが、まずは主要なものから初めてください。


 

Comments are closed.